まいにちロジム
とは
各家庭のパソコンに、毎日10分程度でできる問題を配信。
インターネットを通じて解答のやり取りを行います。
問題は、単純な穴埋めではなく、
思考力養成につながる問題が中心です。
 

まいにちロジムの特徴

毎日継続できる仕組み

毎日問題が配信され、毎日提出、その場で採点、翌日には順位が分かります。
問題をためてしまうということがないので日々の学習習慣養成に最適です。

思考力養成を目的とした厳選問題 

単純な穴埋め問題ではなく「考え方を考える」問題が中心です。
sample.jpg 

ロジム講師からのメッセージ  「まいにちロジム」が作られた背景

学習塾ロジム 塾長 苅野 進

まいにちロジム」は、学習塾ロジムで実際に教鞭をとっている講師陣が問題を作成した家庭学習用の教材です。
毎日取り組むことで、各科目の基本的な知識の有無を確認し、定着を可能にするだけでなく、
・問題文を丁寧に読む姿勢と技術
・試行錯誤する姿勢と技術
が身につくように工夫しています。
日々取り組むには少し面倒な問題が多いかもしれません。しかし、今よりももう少し注意深くなること。今よりももう少し粘り強くなること。そんな大切な成長の一助となればと願っています。

 
     

学習塾ロジム 事務局長兼講師 野村竜一

ロジム生の多くも、ご家庭の判断で公文式や他塾の通信教材などを家庭学習教材として活用しています。それらを見るにつけ知識や算術処理方法を学ぶのではなく、考え方を考える教材が必要だと思いました。

もちろん公文式や巷の計算ドリルのように反復練習で手と頭に処理術を覚えこませるという訓練は必要だと思います。日本の小学生の基礎学力の高さはあの訓練にあると言っても良いと思います。しかし、その反面、物事をじっくり考える訓練が不十分であるという指摘や議論が絶えずテレビや新聞をにぎわせています。

そしてロジムは「強く考える」をテーマに作られました。今回、そういったロジムの哲学を通信教材に適応したのが「まいにちロジム」だと考えています。

これまでの、数多くの通信教材が反復による基礎処理能力向上を目指すものだとすれば、 「まいにちロジム」は基礎思考力の向上を目指すという目的で作りました。

高学年、またそれ以降の学習・生活の土台となる思考力を身につけるための初めての通信教材だと自負しています。

 
 

学習塾ロジム